翩々たるNEWS

翩々たる(へんぺんたる)とは、内容や態度や行動が深刻でないという意味。そんなニュースまとめのまとめ

【衝撃】今年7月29日に人類滅亡wwwwwwwwwwwwww

   

【衝撃】今年7月29日に人類滅亡wwwwwwwwwwwwww

no title

1: アンクルホールド(東京都)@\(^o^)/ 2016/07/21(木) 18:15:27.71 ID:I7aZJ4rG0 BE:833477875-2BP(1500)
時折ネット上を駆けめぐっては憶測が膨れ上がり、世間を騒がせるのが――ドゥームズデイ(最後の審判)――の具体的な日時だ。
そしてまた最近、地球を破滅に追い込むドゥームズデイが新たに設定された。なんとその日は今月末の7月29日である。

ポールシフトと“最後の審判”が同時に起こる

この件について、英紙「Metro」などでは、今年のクリスマスはプレゼントの出費を気にしなくていいと、EU離脱を前に倹約ムードの
イギリス人の財布の紐を緩ませるようなメッセージを発している。なぜクリスマスの出費を気にしなくていいのか? それはもう、
今年の年末はクリスマスどころの話ではないからだという。
どんな年末を迎えるというのか? そして何が原因なのか? それは、7月29日に地球の北極と南極がグルリと入れ替わる究極の
ポールシフトである“地磁気逆転”が起こるからなのだ。

今年1月にトカナの記事で紹介したように元NASAの科学者を中心にして、今年の6月から8月の間にポールシフトが発生する可能性が
示唆されている。地球の長い歴史の中ではこの地磁気逆転はたびたび起きており、今回起こるとすれば44万年ぶりのことになるという
ことだ。ひとたび地磁気が逆転すれば、地球環境と気象の激変により地球上の生物の70%が死滅するともいわれている。一説によれば
すでに今年に入ってから軽微なポールシフトははじまっているという。それが近々、一気に完遂する日が訪れるというのである。

そして先ごろ、YouTubeチャンネル「End Times Prophecies」から、その日がこの7月29日であるという主張がなされたのである。
同チャンネルは預言者ダニエルが記したとされる『ダニエル書』の解釈で、今年7月29日がその日であることを導き出したということだ。
しかし『旧約聖書』の中のひとつである『ダニエル書』とポールシフトに何の関係があるのか? 実はポールシフトとは聖書における
“最後の審判”のことであるというのだ。

以下そー
ttp://tocana.jp/2016/07/post_10387_entry.html

>

 - へんぺん速報

×