翩々たるNEWS

翩々たる(へんぺんたる)とは、内容や態度や行動が深刻でないという意味。そんなニュースまとめのまとめ

年収700万円以上の約4割が「産経新聞」を読んでいることが判明

   

年収700万円以上の約4割が「産経新聞」を読んでいることが判明

年収700万円以上の人が最も読んでいるのは産経新聞!? 従来と真逆の調査結果について調べてみた

新聞の購読者数は減少を続ける一方だが、依然として出来るビジネスパーソンは新聞を読むという傾向があるようだ。情報サイトの開発や運営を行うキャリアインデックスが4月13日に発表した「年収・転職 実態調査 vol.1」によれば、年収1000万円以上の人の92%が「新聞を読んでいる」と答えたという。

発行部数5位なのに高所得者層から支持されまくる結果に
~(略)~
だが、さらに気になる結果があった。年収700万円以上の購読者の割合が多かった新聞は、39%で産経新聞だったそうだ。以下、日経産業新聞(38%)、フジサンケイビジネスアイ(33%)、日本経済新聞(32%)と続いた。

産経新聞は、中国や韓国への強気な論調で知られ、世間一般では右派、保守系の媒体として位置づけられている。発行部数は約160万部なので全国紙の中では5位だが、年収700万円以上の人がこれだけ読んでいるということは、もしや高所得者層が右傾化している、ということなのだろうか。

しかし、2015年の朝日新聞社の媒体資料を見てみると、購読世帯主の年収が700万円以上となっている割合が最も高いのは日経新聞で61.2%だ。以下、朝日新聞(40.2%)、読売新聞(35.6%)、毎日新聞(33.3%)と続き、産経新聞は最下位で30.4%となっている。
~(略)~
http://blogos.com/article/172397/より一部引用:全文はソースで

続きを読む

 - へんぺん速報

×